ウィルス性 胃腸炎

ウィルス性 胃腸炎 最近嘔吐や腹痛、下痢を伴うウィルス性の胃腸炎が多くなってきました。 乳児をもつお母様方は心配でしょうが、 注意すればそんなに怖い病気ではありません。 たとえ下痢していても赤ちゃんが元気であれば、 経口補水液(OS1など)で水分をこまめに補給してあげてください。 大体3~4日で改善するのが普通です。 万一ぐったりしたりしたら脱水の恐れがありますので、 医療機関を受診してください。

冬期の皮膚の乾燥にご注意!

冬期の皮膚の乾燥にご注意! 冬になると、皮膚がカサカサしてかゆいという患者様がよくみられます。 特に乳幼児は皮脂腺が未発達なため発症しやすいです。 予防するには入浴時に石けんを使いすぎないように、週1-2回ぐらいにしてください。 また、部屋の加湿に心掛けましょう。 治療としては保湿剤が使われますが、刷り込むのではなく、 クリームが皮膚に残るぐらいに厚めに塗るのがコツです。 肌が乾かない入浴後5分以内に塗ることが大切です。

こわい高血圧

高齢になると血管が硬くなって どうしても血圧が高くなります。 「いままで低かったのに」 といわれる患者さんもよくおられますが、 現在 高ければ、それを無視すると危険なことになります。 高血圧は自動車のタイヤで例えると、 空気圧をぱんぱんにして走っているのと同じ状態です。 長年それを続けると、 どうしても血管は劣化します。 その結果、脳卒中(脳梗塞、脳出血)がおきやすくなるので、 高血圧は一番のリスクファクターといわれています。 高血圧でも自覚症状がない人がほとんどで、 「サイレント キラー」 とも言われています。 日頃から家庭で自分の血圧を測る習慣をつけましょう。 その時、早朝血圧と 夕方、または寝る前の血圧を測るようにしてください。 早朝血圧とは ① 朝起きて1時間以内 ② 食事前 ③ 排尿後 に測るものです。 また、入浴時によく事故が起きています。 入浴前 → 入浴時 → 入浴後 の血圧が短時間で大きく変動するのが原因です。 寒い時期は、浴室や脱衣所を暖めるよう暖房が必要です。 脳卒中にならないよう、日頃から血圧に注意しましょう。

子供の発熱

子供さんが38℃〜39℃の発熱をした時は心配なものですが、 元気であればあまり心配ありませんので、 まず冷やして様子をみてください。 冷やす方法は、保冷剤か冷やしたタオルを首の横や脇の下、 脚の付け根にあてます。 それでも下がらない時に、解熱剤を使うことも考えます。 注意するのは脱水で、おしっこの出が悪かったりぐったりするので、 その時は専門医を受診してください。 子供さんは熱と戦いながら、 免疫力をつけて丈夫になっていくので、 あまり熱を目のかたきににしないようにしてください。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索

〒186-0013東京都国立市青柳3-2-4

医療法人社団 国立あおやぎ会

みのわ通りクリニック

お気軽にお問い合わせください 042-548-5300

© 2016 医療法人社団 国立あおやぎ会 みのわ通りクリニック