子供の発熱

子供さんが38℃〜39℃の発熱をした時は心配なものですが、

元気であればあまり心配ありませんので、

まず冷やして様子をみてください。

冷やす方法は、保冷剤か冷やしたタオルを首の横や脇の下、

脚の付け根にあてます。

それでも下がらない時に、解熱剤を使うことも考えます。

注意するのは脱水で、おしっこの出が悪かったりぐったりするので、

その時は専門医を受診してください。

子供さんは熱と戦いながら、

免疫力をつけて丈夫になっていくので、

あまり熱を目のかたきににしないようにしてください。

タグ:

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索